« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月16日 (日)

Fedora Core 5 on VAIO R505

 定期購読しているオープンソースマガジンに、Fedora Core 5のDVDが付録でついてきた。個人的にはFedora CoreよりもDebian GNU/Linuxの方が性に(と言うか気分的に)合うところが多く、できればこっちを使いたいな、なんて思っていたんだけど、ふとした気まぐれでそれまでWIndowsしか受け付けないと思っていたVAIO R505にインストールできてしまったのだ(Debianでは、iLink接続されている光学ドライブの認識で決まってコケていた)。
 ということで現在Fedora Coreと格闘中なんだけど、やっぱりSVR4スタイルの起動機構とかランレベルとかは、長らくFreeBSDに慣れ親しんだ僕には未だによく理解できない。
 なのでサービス管理をすべてdjb氏のdaemontoolsで管理してみよう、ということになるんだけど、コンパイルを開始してみると/usr/bin/ld: errno: TLS definition in /lib/libc.so.6 section .tbss mismatches non-TLS reference in envdir.oなんて表示されてちゃんとビルドできない。むぅ、困った。
 この辺をググってみると、SLT ADSL, DNS and Daemontoolsに「Fedora Coreでチューンされたerrnoの部分がdaemontoolsのソースが期待する形でない」みたいな記述があったのを発見。しかし、error.h(?)にパッチを当てるとして、どうすれば? と思っていたところ、slackware 10.2 on thinkpad x40にシステムのerrno.hをインクルードする方法が紹介されていたのを発見。早速修正してみるとすんなりmakeが通った。
 ということで、そのパッチである。どうぞ。僕はucspi-tcp-0.88.fc5.patchっていう名前で保存してみたけど、判ればなんでもいいような気も。

--- ucspi-tcp-0.88/error.h.org  2006-04-16 17:04:14.000000000 +0900
+++ ucspi-tcp-0.88/error.h      2006-04-16 17:04:44.000000000 +0900
@@ -1,7 +1,8 @@
 #ifndef ERROR_H
 #define ERROR_H

-extern int errno;
+/* extern int errno; */
+#include

extern int error_intr;
extern int error_nomem;

 ちなみに同様の箇所がqmailucspi-tcpにもあるようなので、makeが通らないようだったらそのあたりを調べてみるといいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

海上保安庁の海洋調査

今日のNIKKEI NETに、海保、竹島周辺海域に調査船派遣へ・韓国は中止要求なんていう記述を見つけた。TVニュースでもやってたけどね。
竹島の歴史的経緯については、ニュースサイトを見るなりググってみるなりしてもらうとして、今回の話について韓国KBSのサイトを見たところ、英文サイトは、事実関係を紹介するだけという珍しくおとなしい記述だった。
まだ調査自体はしていないようだけど、竹島周辺ではあっちの軍艦が日本船舶とみるや大砲をむけて威嚇行為をしてくるなんて話もあるようだから、なんそありそうなときには、すぐ海自の護衛艦なり航空機なりを呼べる体制にしておかないと、いろんな意味で大変になりそうだ。
………ま、漢文を読める人間が希少価値が高いあの国で、歴史的経緯について語るのは、難しいような気もするけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

北関大捷碑

 さっきTBSの報道特集で、「北関大捷碑の北朝鮮への返還事業」についてやっていた。遅ればせながら朝鮮半島はマイブームなんだけど、「そもそも『北関大捷碑』ってなに?」状態の僕にとっては、その場で調べ始めるわけ。それでわかったことを簡単に言えば、「豊臣秀吉の第1回朝鮮出兵(文禄の役)の際、朝鮮が日本軍を撃退した記念に建立されたもの」って感じかな?
 ただ、こいつの史実との相関関係にいろいろと疑問点がある上に、日本にやってきたいきさつについてもいろいろとあいまいな点があったりと、そのまま鵜呑みにするのは非常に危険なシロモノでもあったりするようだ。
 どこがどうおかしいかは、http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/hokkan.htmに詳しく書かれてるので、ここでは論じないけど、こことかこっちなんかはすごい書きようですな、「日本に略奪され」「靖国神社に放置されている」だそうで...。
 「自分が一番」な方々とうまくやっていこうと思ったら、こっちがへりくだるしかないんだろうけどさ。まともに話なんかできるのかね、しかし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »