« au Music Port with W42CA | トップページ | ケータイの強制再起動 »

2006年8月 9日 (水)

新規購入

 新規購入といっても自分用ではなく、実家で主に父親が使うPCのこと。さすがに5年前(もっと前かも?)のWindows98SE時代のPCを、もうそろそろWindows Vistaが出ようかって時に使ってもらうのもなんなので、ってことで。

 僕が優先順位としてあげたのは、まずなんと言ってもCPUの64ビット拡張への対応だった。Vistaの64ビット版には64ビット版にしかないセキュリティ機能があるそうなので、これは何よりも優先したかった内容だった。
 次にメーカー製PCを買うとして、テレビ機能では地デジ対応かどうかもキーになった。いかんせん僕の実家では、まだ地デジの試験放送すら始まっていないという状況なんだけど、これについてはアナログ放送が停波するまでの間に、ゆっくり今のテレビの買い替えを考えてもらうとういうことで。
 てなわけで僕がチョイスしたのは、富士通のFMV DESKPOWER CE55S7/D。CPUのCeleron D 346って実はEM64Tに対応してたのね。案外Intelでもx64対応のプロセッサって多いみたい。知らんかった(^^;………。

 電器屋さんからこいつを買ってきて家に戻ってセットアップを始めるわけなんだけど、組み立てて初期設定を始めている最中にルータの設定もしておこうと思ってIEでルータの設定画面を開いてみたんだけど、なんとキーボード入力を受け付けない! 「いきなり不良か?」だなんてあせったけど、バンドルされている初期設定プログラムがキーボード入力をロックしていただけのようで、今は普通に使えている。ほっ。
 プリンタのセットアップも終わり、データの移行を始めるんだけど、Windows XPには、古いPCからのデータ移行や新しいPCへのデータ移行を支援する「ファイルと設定の転送ウィザード」なんて機能があるんだけど、今回必要だといっていたものは年賀状ソフトの住所録だけだったので、こいつをUSBメモリに書き出して移植するだけですんでしまった。
 ということで「ごしょうばいに預かる」ってつもりじゃないだけど、父親と母親のアカウントを作成するついでに自分のアカウントを作って、自分が実家にいる間自分宛のメールが読めるようにした。
 プロバイダあてのメールは、すべてfetchmailで自分で設定したIMAPメールボックス内におくようにしていて、外出専用に携帯FOXでUSBメモリ内にMozilla Thunderbirdを書き込んであるので、USBメモリが使える限りどこからでも自分宛のメールが読める、ってわけ。
 ただ、そいつが今重要なわけじゃないので、今は両親がこいつをそれなりに使ってくれることを祈るばかりですな。

|

« au Music Port with W42CA | トップページ | ケータイの強制再起動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164672/11356699

この記事へのトラックバック一覧です: 新規購入:

« au Music Port with W42CA | トップページ | ケータイの強制再起動 »