« アクセスログを読むと | トップページ | ワンセグチューナー「ちょいテレ」 »

2006年12月16日 (土)

64ビットパワー

 Windows Vistaも出るってことで、Windows機のCPUをAthlon64 X2 4800+(Socket 939)にアップグレードしたら、以前使っていたASUS A8V Deluxeとセットで余ったので、メモリを買い足して実験君をアップグレードした。
 ということでi386版ではなくamd64版のFreeBSDを入れたんだけど、ちょっと見ただけでは違いがわからない。当たり前か(笑)。
 X.org 6.9のXサーバがamd64にほとんど非対応なのと、当てにしていたx11/nvidia-driverが使用できない(i386版限定らしい)なのを除けば、コンパイルも速くなって言うことなし………ってところなんだけど、GEOM_vinumを使ったRAID-5は、パリティ計算が以前に比べ劇的に速くなったとはいえ、32ビットPCIを使っている関係上インターフェースの性能が頭打ちなので、ここは仕方ないところなんだろうねぇ。
 そういえば、玄人志向SATARAID5-LPPCIで使われているSiliconImage Sil3114ってコントローラなんだけど、「えすあいえる」じゃなくて「えすあいあい」だったんだね。赤っ恥。けど、僕と同じ間違いをしてる人も結構いるようで………。

|

« アクセスログを読むと | トップページ | ワンセグチューナー「ちょいテレ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164672/13092368

この記事へのトラックバック一覧です: 64ビットパワー:

« アクセスログを読むと | トップページ | ワンセグチューナー「ちょいテレ」 »