« リモートGitリポジトリにHTTPSでアクセスする | トップページ | 書籍購入:Jenkins実践入門 ~ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 »

2013年9月24日 (火)

Wheezyにia32-libを入れる

0. イントロダクション

 Androidの開発機をDebian GNU/Linux amd64に変更したんだけど、amd64なのでちょいとハマったことについてメモ。

1. Androidとia32-libs

 Android SDKをセットアップしていると、adbにパスを通しているにも関わらず「そんなファイルはない」と怒られることしきりなんだが、その原因がこれ。
 早い話、Wheezyのベースシステムにx86互換レイヤーが含まれていないから、という理由らしい。

 で、入れればいいでしょ?というわけになるんだが、ここでハマったのでメモっておく。

2. 最初の一歩

 ダイレクトに

# apt-get install ia32-libs

とかやっても「依存関係が壊れている」とか言われてNGなので、i386をアーキテクチャに追加する。

# dpkg --add-architecture i386
# apt-get update
# apt-get install ia32-libs

 とここで、libtinfo5:i386のインストールでつまづいた。コンソールいわく、「依存関係の解決法がわからなけりゃ、apt-get -f installをやるしかないかもね」だそうだが....。

3. 非常手段に打って出る

 しかたないので強制インストール。

# apt-get -f install libtinfo5:i386

 ここで再度apt-get install ia32-libsを実行してやることで、依存関係の解決をみた。あんまりスマートな方法ではなかったかもしれないが....。

 とはいえ、これで「adbがない」とか怒られずに済むので、AVDも自由に作成できるようになる。

 あと、確認はしていないけど、NDKを使うときもこれが引っかかるんじゃないか、とか疑っているので、NDKを使うことになる時はこれをやっとかないといけないかもしれない。

 あとは、Yahoo!知恵袋の「Android仮想デバイス(AVD)の高速化」ノートを参考に、qemu-kvmとlibvirt-binパッケージをapt-getで入れてAtom System ImageでAVDを作れば、エミュレータもキビキビ動いて快適になるはずだ。

 というところで寝る。

|

« リモートGitリポジトリにHTTPSでアクセスする | トップページ | 書籍購入:Jenkins実践入門 ~ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164672/58254154

この記事へのトラックバック一覧です: Wheezyにia32-libを入れる:

« リモートGitリポジトリにHTTPSでアクセスする | トップページ | 書籍購入:Jenkins実践入門 ~ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 »