« 2014年1月 | トップページ | 2016年8月 »

2014年4月12日 (土)

AndroidAnnotationsを使ってみる 〜Android Studio編〜

0. イントロダクション

 以前、こんなエントリを書いていたけど、今度はAndroid Studioで同じことをしてみよう、というお話。
# ネタの更新に1年もかけているのはどうなんだ、という話は置いといて(汗)

1. Android Studioのプロジェクトに導入してみる

 Android Studioの場合、導入のキモはbuild.gradleに書くことがわかっていること、これに尽きる。

 一応、ライブラリ検索はMaven Central Repository Search EngineGradle, pleaseを使えばdependencyに書く内容はわかるんだけど、AndroidAnnotationsはその名のとおりアノテーションプロセッサ。
 なので、Gradle Android Pluginsにアノテーションプロセッサを理解させる必要がある。

 幸い前回のネタから1年経過している現在では、そのあたりの事情もよくなって来ていて、公式にもGradleプロジェクト向けの設定方法も書かれている。今回はこいつを元に、Android Studioで作ったプロジェクトに適用してみた。

  1. プロジェクトを作ったら、プロジェクトのルートにあるbuild.gradleをひらき、depondenciesにAndroid-APTを追加する。
  2. dependencies {
          classpath 'com.android.tools.build:gradle:0.9.+'
        // AndroidAnnotationsの使用宣言
        //   Android-APTプラグイン(依存)
        classpath 'com.neenbedankt.gradle.plugins:android-apt:1.2'
    }
  3. 次に、実際のJavaソースがあるモジュールディレクトリへ降り、そこのbuild.gradleにプラグイン適用とAndroidAnnotationsの依存設定を書く。
  4. apply plugin: 'android-apt'
    dependencies {
        compile fileTree(dir: 'libs', include: ['*.jar'])
        apt 'org.androidannotations:androidannotations:3.0.1'
        compile 'org.androidannotations:androidannotations:3.0.1'
    }
    
    apt {
        arguments {
            androidManifestFile variant.processResources.manifestFile
            resourcePackageName 'net.formula97.aaex.app'
        }
    }
  5. build.gradleを2つ編集し終えたら、プロジェクトのルートで ./gradlew build を実行してやると、依存設定に追加したプラグインたちがMaven Central Repositoryから落ちてきてビルドが通る(はず)。

 あとはアノテーションを使ってActivityを拡張し、AndroidManifest.xmlの設定をいじるだけで使えるようになっているはず。

 ちなみに、僕のGitHubにこの手順で作ったプロジェクトを上げておいたので、よろしかったらご参考にしてください。

 あ、いい忘れてたけど、signingConfigsブロックにある大文字の部分は環境変数で、こいつはそれぞれこんな意味を持っている。

DEBUG_KEYSTORE : デバッグ証明書ストアのパス
RELEASE_KEYSTORE : リリース証明書ストアのパス
RELEASE_KEYSTORE_PASSWORD : リリース証明書ストアのパスワード
RELEASE_KEY_ALIAS : リリース証明書のキーエイリアス
RELEASE_KEY_PASSWORD : リリース証明書のパスワード

 こいつらの設定をしていないと、ビルドが通らないのでご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2016年8月 »