« 英語教材 | トップページ | 海上保安庁の海洋調査 »

2006年4月 2日 (日)

北関大捷碑

 さっきTBSの報道特集で、「北関大捷碑の北朝鮮への返還事業」についてやっていた。遅ればせながら朝鮮半島はマイブームなんだけど、「そもそも『北関大捷碑』ってなに?」状態の僕にとっては、その場で調べ始めるわけ。それでわかったことを簡単に言えば、「豊臣秀吉の第1回朝鮮出兵(文禄の役)の際、朝鮮が日本軍を撃退した記念に建立されたもの」って感じかな?
 ただ、こいつの史実との相関関係にいろいろと疑問点がある上に、日本にやってきたいきさつについてもいろいろとあいまいな点があったりと、そのまま鵜呑みにするのは非常に危険なシロモノでもあったりするようだ。
 どこがどうおかしいかは、http://www.asahi-net.or.jp/~xx8f-ishr/hokkan.htmに詳しく書かれてるので、ここでは論じないけど、こことかこっちなんかはすごい書きようですな、「日本に略奪され」「靖国神社に放置されている」だそうで...。
 「自分が一番」な方々とうまくやっていこうと思ったら、こっちがへりくだるしかないんだろうけどさ。まともに話なんかできるのかね、しかし。

« 英語教材 | トップページ | 海上保安庁の海洋調査 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北関大捷碑:

« 英語教材 | トップページ | 海上保安庁の海洋調査 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ