« 久しぶりにDIYやってみた | トップページ

2020年6月27日 (土)

DELL Inspiron 5485 開封の儀(物理)

0. ようやくリプレース

いわゆる定額給付金でPCのリプレースを画策していて、条件に見合いそうなのがレノボIdeaPad C340くらいだったんだけど、ある日AI将棋をやっている知人の@bleu48さんから

....という煽りを食らうことに。ということで、

現物はこちらである。

1. そして着弾

そして待つこと3週間、ようやく着荷した。

外観は普通の段ボール箱だ。AMDのロゴがシールで貼り付けられている。Dsc_0356Dsc_0357

まぁ、ナローベゼルな14インチモデルなので外観はずいぶん小さく感じる。Dsc_0358

2. さあ、実験を始めようか(CV: 犬飼貴丈)

ここからが本題。

さてこのモデル、同じ給付金範囲内モデルのうちこれだけWindows 10 Proで出荷可能なんだが、選んだ理由はそれだけじゃない。ある一点に目をつぶれば大化けするのだ。

その一点とはメーカー保証がなくなるということ。上でも書いてたけど。

ということで、TEAMのDDR4 2666 16GB SO-DIMMを2枚と、Kingstonの1TB NVMe m.2 SSDを追加オーダー。Dsc_0362

開封にあたってはDELLが公開しているInspiron 5485 Service Manualをよく読んだうえで、自己責任であたる必要があることに注意。
なお、トルクスドライバーは不要で、普通の精密ドライバーだけでよい。

Dsc_0363
まず、本体裏のビスをすべて外す。先の写真のうち、赤丸部分はビスのねじ山が軸より太いので、裏ブタから抜けないことに注意。

Dsc_0372
次に本体を表にむけ、隙間に「薄くて硬いもの」を差し込んで少しずつこじ開ける。コツとしては、角付近からてこの原理で少しずつ力を加えていくと開けやすい。
僕はWAVEのパーツ・オープナーを使った。

Dsc_0364
裏ブタを外したところ。メモリスロット×2、m.2スロットに刺さったNVMe SSDのほか、3.5インチHDDベイまで見える。とりあえず、今回はメモリとNVMe SSDの換装をやる。

Dsc_0369
メモリは普通にスロットに刺さっているだけなので、左右の爪を広げると簡単に外すことができる。
Dsc_0370
そしてそのまま差し替えることで終了。

Dsc_0365
メモリとSSDを抜いたところ。メモリはSamsung製、SSDはSK Hynix製の40mmサイズだった。

Dsc_0366
SSDを固定するためのナットはいちばん外側に移動してやる必要があるが、これは刺さっているだけなので
Dsc_0367
こんな感じに移動してやる。

Dsc_0371
SSDも入れ替えたところ。SSDもちゃんと固定できている。今回はやらなかったが、3.5インチHDDベイにSATA SSDを入れることもできるので、ストレージの拡張性はまだまだありそうだ。

そしてふたを閉めて起動。BIOS画面に入らないといけないので、ついでにBIOSがハードウェアをちゃんと認識しているかを確認してみる。大丈夫そう。
Dsc_0373
Dsc_0374

このままWindowsを起動してみると、メモリはちゃんと認識されていた。
Photo_20200627004502

ストレージについてはGPTかつUEFIで作られたSystemRescueCdのUSBメモリで起動してパーティションを操作してやることで、すべての領域を利用できるようになった。
操作後はこうなった。
Photo_20200627004501

3. 肝心の操作感は

いや~、ずいぶん快適になりましたよ、ええ。

« 久しぶりにDIYやってみた | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりにDIYやってみた | トップページ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ